博多久松のおせち料理に関するトラブル対応

問題発生を逆手に取り、名を上げた博多久松

 

こんにちは、
御笠千代(みかさ ちよ)です。

以前、博多久松のおせち料理で
トラブルが発生しました。

 

そのトラブル対応に関して
調べてみました。

 

おせち料理の通販の場合、
年内に予約し、年末に届けられます。

 

届けられる日は、
12月30日か12月31日です。
年が明けてしまうとNGです。

 

博多久松で2018年12月31日に
問題が発生しました。
実のところ問題を起こしたのは運送業者です。

 

しかし、報道で大きく名前が出たのは
「博多久松」でした。

 

博多久松は名前からも分かる通り福岡県の会社です。
おせち料理も福岡で作ります。
そして、全国から予約を受け付けます。

 

そのなかで北海道に送る便が運送業者の手違いで、
「冷凍」すべきところが「冷蔵」になってしまいました。

 

それを聞いた博多久松は
ただちに発送を中止しました。
冷蔵だと料理が傷むかもしれないからです。

 

おせち料理が届かない、それは大問題!

 

北海道のお客さんは驚きます。
楽しみにしていたおせちが届かないのです。
たいそうがっかりします。

 

冷凍の料理が冷蔵になってもそうそう傷みはしません。
しかも、お正月寒波の時期です。

 

しかしおせちは届きません。
きっと、寂しいお正月になったことでしょう。

 

ニュースは12月31日に大々的に報じられ、
大きな話題となりました。

 

博多久松は、通販おせちの老舗です。
それがこのような失態です。

 

だから通販おせちなんて、信用できない。
と、そのような雰囲気の報道でした。

 

おせち料理の通販に反対の人もいます。
自分の家で作るべきだと思っている人たちです。

 

テレビを中心にかなり批判の的となりました。
テレビ局にすると、
インターネットはライバルのメディアですから、
ネット通販での失敗はこぞって騒ぎ立てます。

 

意外にもお客さんからのクレームは少ないみたい。なぜ?

 

しかし当事者からは、意外なことに
大きなクレームが続くことはありませんでした。

 

もちろん、12月31日には
残念に思った人がたくさんいました。
北海道で、博多久松のおせちを待っていた人たちです。

 

ところが、博多久松の対応が見事でした。

 

このあたりは詳しい報道がなかったので、
当事者でない限り、詳細はわかりません。

 

しかし、
その後の報道などである程度は推察できました。

 

どうやら、博多久松から返金がありました。
お詫びの意味も込めて多めに送られたようです。
これがいつだったかは正確には不明です。

 

あるラジオ番組が1月7日の生放送で
おせち料理が届かなかった人に
直接電話をして、聞いています。

 

その番組によると、
おせちの代金の2倍以上が返金されたようです。
しかも1月4日(金)までに入金されたようです。

 

放送は1月7日(月)ですが、
その時点で対応は完了しています。
お詫びをしたのは「博多久松」です。
お正月には金融機関も通常通りは
動かないのに、素晴らしく迅速な対応です。

 

ここで注目すべきは、お金の流れです。
今回ミスをしたのは運送業者です。
「冷凍」で運送するように依頼したのに
「冷蔵」で運送したようです。

 

他の地域には「冷凍」運送ができています。
北海道への便だけをミスしたようです。
ある意味博多久松も被害者です。

 

それでもお詫びは博多久松からなされており、
慰謝料と言うべき金額も
博多久松からお客さんに届けられました。

 

この迅速な対応と誠意がお客様に通じ
博多久松の信用は落ちませんでした。

 

 

さらに、次の年からおせち料理の
発送拠点を増やし、運送に関するトラブルを
極力抑え込もうとしています。

 

「災い転じて福となす」の言葉通り、
博多久松では、福を呼び込む結果となったようです。

 
page top